●最新地震速報をすぐ確認
●最新台風情報をすぐ確認
●最新噴火速報をすぐ確認
●最新土砂災害警戒情報をすぐ確認
● 全国の防災センター一覧をチェック!!
●あなたの町の地盤の揺れやすさを確認する


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

関東南岸「相模トラフ」で海底活断層か

10万人以上が犠牲者となった関東大震災から、ことしで90年。

震災を引き起こした地震の震源域と考えられている

関東南岸の「相模トラフ」と呼ばれる海底を、専門家が調査した結果、

比較的新しい時代の地震でずれ動いた、活断層とみられる地形が

新たに見つかり、この海域で起きる地震の解明につながると期待されている。




関東南岸の相模湾から房総半島沿岸にかけての「相模トラフ」と

呼ばれる海底では、関東平野がのった陸側の岩盤の下に海側の岩盤が沈み込み、

地下の岩盤どうしの境目では、90年前に関東大震災を引き起こした地震など、

大地震が繰り返し起きてきたと考えられている。



活断層に詳しい広島大学の中田高名誉教授の研究グループは、去年11月、

「相模トラフ」の真上に当たる三浦半島沖およそ20キロの洋上で、

船から水深およそ1200メートルの海底に向けて音波を発射し、

詳細な地形を調べた。


その結果、5メートルから8メートルほどの落差がある断層が新たに見つかったほか、

地下で地層がずれたために海底の表面が膨らんだ地形が複数見つかる。


このうち、崖のような断層は、「相模トラフ」に沿って北西から南東へ

走っていると推定されている。

海底の地形は海流などに浸食され、年代を経るごとに変化するが、

調査した付近の海底は、ほとんど浸食を受けていなかった。



このため、研究グループは、今回見つかったのは、

関東大震災など比較的新しい時代の地震で海底がずれ動いた痕跡で、

「相模トラフ」の地下の岩盤の境目からのびる海底活断層ではないかと見ている。


中田名誉教授は「活断層付近の地層をさらに調査することによって

『相模トラフ』で起きる地震の規模や周期などを知ることができる。

今後の地震の予測や防災対策に役立てたい」と話している。



http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/earthquake_prediction/?1357391813
2013-01-06 : ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

SONYポータブル災害ラジオ


必ず役に立つ必需品!!
緊急時のモバイルバッテリー

折りたたみ防災ヘルメット


収納しやすい超薄型サイズ
机の引き出しやバックに!!
折りたためば厚さわずか45mm

非常災害備蓄用 保存水


放射能検査を行い、安全性確保
保存水 5年保存
硬度0の純粋な備蓄
料理や薬、乳幼児用ミルクに

非常用トイレ袋


水が使えない状況でもOK!!
最後に凝固剤で可燃物として廃棄可能
30回使用可能!!

避難リュックセット


実体験を元に構成した15点セット
15アイテムの避難用品セット

サバイバルローラー付バッグ


丈夫なローラー付き
家族3人が最低48時間対応できる
脱着可能インナーバッグは貯水タンクに
災害対応ヒントが記載された小冊子も

3M DS2 防じんマスク


国家検定合格品
レギュラーサイズ20枚入り
折たたみ式でポケットに!
N95と同等効果のDS2
ウイルス対策や震災対策
粒子状物質(PM2.5)や火山灰にも

アルファ米 白飯100g×5食


長期保存5年!!
保存食とは思えないほど
ふっくらおいしく人気あり!
海外旅行などにも!!

7年!!保存水


500mlx24本
企業・自治会にも!!
長期保存水5年保存より経済的
島根県金城町の地下300mの原水

井村屋 えいようかん保存食


長期保存可能(賞味期限設定5年)
1本でご飯茶碗一杯分のカロリー補給
食品衛生法対象のアレルギー物質なし
どんな方にも安心!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。